スーパーカマグラが飲めない人とは?

スーパーカマグラはED・早漏を改善する薬で、男性のみが服用できます。
しかし、ED・早漏を抱えていたとしても飲めない人もいるのです。
例えば併用禁忌薬や注意薬にあたる薬を飲んでいる、そもそも飲めない身体だったというケースも。

普段から薬を服用している人、持病を抱えている人はスーパーカマグラを飲む前に自分は当てはまらないかチェックしておきましょう!

禁忌・注意薬を服用している

飲めない人とは
スーパーカマグラには、他の薬と同じように併用してはいけない薬や併用するうえで注意しなければならない薬があります。
日常的に薬を服用している人は、スーパーカマグラを使用する前にきちんとチェックしておくか主治医に相談してから飲むようにしましょう。

ここではスーパーカマグラに含まれるシルデナフィルとダポキセチン、それぞれの併用禁忌薬と併用注意薬を紹介していきます。

シルデナフィルの併用禁忌・注意薬

シルデナフィルと一緒に飲んではいけない薬は、硝酸イソソルビドやニトログリセリンが有名です。
その他にも降圧剤や塩酸アミオダロン塩酸塩、リオシグアト、カルペリチドといった薬との併用も禁止です。

硝酸イソソルビドやニトログリセリンとの併用は特に危険と言われています。
その理由は急激に血圧が低下して死の危険を招くから。
硝酸剤に該当するイソソルビドやニトログリセリンは、狭心症の薬として用いられています。
実はシルデナフィルも狭心症の薬として開発が進められていた過去があるのです。
そのため、併用すると相乗効果が働いてしまいます。
国内の医療機関でも硝酸剤を処方されている人は、バイアグラを処方してはいけない決まりになっているのです。

ダポキセチンの併用禁忌・注意薬

ダポキセチンの併用禁忌薬や注意薬は、MAO阻害薬やチオリダジン、SSRI、SNRI、三環系抗うつ薬、抗真菌薬、抗HIV薬です。

ダポキセチンが抗うつ薬の一種であるMAO阻害薬や、SSRI、SNRI、三環系抗うつ薬と併用できない理由を知っていますか?
日本を含め早漏防止成分として有名なダポキセチンですが、実は抗うつの効果を持っている薬でもあるのです。
そのためMAO阻害薬や三環系抗うつ薬と併用してしまうと、相乗効果によって効果や副作用をより強める危険性があります。
他にも、セロトニン作動性を持つトリプタンやトラマドール、リネゾリド、リチウムといった薬と併用してはいけません。

持病がある人は要チェック!

持病持ちの人注意
スーパーカマグラを飲めな人は、併用禁忌薬や注意薬を飲んでいる人だけではありません。
すでに早漏やEDの他にも持病を抱えている人も、飲めるかどうかチェックをしていきましょう。

●重度の狭心症や心臓弁膜症
●中等度~高度の腎障害や肝障害がある
●起立性低血圧や失神の既往歴がある
●躁うつ病や両極型うつ病がある
●てんかん発作がある
●ガラクトース不耐、ラクターゼ欠損、グルコースーガラクトース吸収異常症である
●心血管系障害がある、または性行為が不適当といわれている
●網膜色質変性症である
●性器に欠陥がある

他にも持病だけでなく、直近6ヵ月以内に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴がある人はスーパーカマグラを服用してはいけません。

「シルデナフィルは心臓に悪い」は誤解?

シルデナフィルは狭心症や心血管系障害がある人は飲めない成分です。
そのためか「心臓に悪影響を与える薬なのではないか?」と勘違いされがち。
それは誤解です。

シルデナフィルはもともと狭心症を治療するために開発されてきた薬ですが、臨床試験の時点で狭心症には高い効果が望めませんでした。
その後、被験者から薬を回収しようとした時に勃起力を改善する効果があることが判明したのです。
服用するだけであれば、血管を拡張させて血圧を低下し、心臓の負担を軽減する成分でもあります。

しかし性行為の時に飲むと勃起力も向上するため、テンションが上がって頑張りすぎてしまい、心拍数が上がって心臓に負担をかける場合も。
そのため、心臓を労らなければならない狭心症の人や心血管系障害がある人は飲めないのです。
またこういった持病を抱えている人は、治療薬として硝酸剤を処方されているケースがほとんど。
硝酸剤は併用禁忌薬なので、結果的に飲めないということになるのです。

未成年や女性が飲めないワケ

併用禁忌薬や併用注意薬、持病を抱えている人の他にも飲めない人といえば未成年男性と女性です。
未成年男性と女性は、有効性が認められていません。
また満65歳以上の男性がスーパーカマグラを服用したい場合も、かかりつけ医に相談するようにしましょう。
未成年男性と女性に関しては、国内の医療機関でも同じです。
バイアグラやレビトラ、シアリスを処方している医療機関は未成年男性や女性にはED治療薬を処方していません。

SNSでもご購読できます。