スーパーカマグラは楽天で買える?買えない?

「あの薬が欲しい!」と思ったら、まずはネットで買えるかどうかを検索していませんか?
日本では楽天市場やAmazonで商品を買うのが主流になっていますよね。
しかし、スーパーカマグラのような医薬品に限ってはそういうわけにはいかないのです!

・誰にもバレずに買いたいのに!
・極力病院には行きたくない
・ネットで買えるなら買いたい

という悩みを持っている人は、スーパーカマグラを海外通販で買いましょう。

楽天・Amazonでは購入できない!

楽天では買えない
「楽天とかAmazonにも売っているのでは?」という疑問を持っている人もいるはず。
販売できない理由には、薬機法という法律がかかわっています。
薬機法とは、医薬品や医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律のことです。
医薬品に対する製造・表示・販売・流通・広告などを細かく定めています。
日本のネットサーバーを利用している楽天やAmazonは、日本の法律である薬機法が該当するため医薬品を販売してはいけないという決まりになっているのです。

薬局やドラッグストアでも買えない?

スーパーカマグラが購入できないのは楽天やAmazonだけでなく、薬局・ドラッグストアでも同じです。
そもそも薬局やドラッグストアも処方薬レベルの医薬品を販売していません。
「店にある薬は薬じゃないの?」と疑問を感じる人もいるはず。
実は、薬の種類にはOTC医薬品と処方箋薬(医薬品)に分類されています。
OTC医薬品とは、一般医薬品を指しており、医師が判断して処方する処方薬とは効果・効能が変わります。
風邪薬が簡単に薬局で購入できるのは、OTC医薬品だからなのです。

OTC医薬品=誰でも買える薬
処方箋薬=医師が個人に処方する薬

という認識で構いません。
スーパーカマグラは処方薬に該当する薬のため、薬局やドラッグストアでも購入できないのです。
これは楽天やAmazonで買えない理由にも当てはまります。

病院なら買える?

病院で買えるのか
楽天やAmazon、薬局で買えなのなら病院で買えるはずと思っていませんか?
それは間違い。
スーパーカマグラは、日本では未承認薬のため病院やクリニックでも取り扱いがありません。
そのため医薬品であったとしても、国内の医療機関では購入できないのです。

プリリジーはなぜ処方されているの?

早漏防止効果をもつスーパーカマグラですが、プリリジーという薬が病院で処方されていることを知っていますか?
プリリジーは日本では未承認薬ですが、クリニックの医師が判断して独自に輸入して処方している場合もあるのです。
そのため「未承認薬だから完全にNG」というわけではない薬もあります。
しかし、スーパーカマグラはまだどの医師からも認められておらず、取り扱いがないのです。

海外通販なら買える!

海外通販で買う
スーパーカマグラは、海外通販で購入できます。
楽天やAmazonのようにネットで簡単に注文できる通販で、海外のネットサーバーを使用しているので薬機法にもひっかかりません。
通常、外国の薬を購入する時は個人でメーカーに直接問い合わせをするか、輸入手続きを行います。
しかし「外国語で注文なんてできない」と感じている人もいるはず。
そんな時に役立つのが海外通販なのです。
海外通販は、個人輸入代行業者とも呼ばれておりユーザーのお買い物がスムーズにできるように手伝っているECサイトなのです。

例えばお悩み宅急便というサイトは、海外通販に該当します。
スーパーカマグラはもちろんのこと、カマグラシリーズやレビトラ・ジェネリック、シアリス・ジェネリックも販売しています。
もちろんサイトはすべて日本語。
サイトの管理者、サポートセンターの人もすべて日本人です。
そのため、買い物中にトラブルがあった場合は気軽に問い合わせができます。

スーパーカマグラの服用は自己責任です

薬の服用は自己責任
スーパーカマグラは海外通販で購入できますが、購入や使用についてはすべて自己責任です。
通常、健康被害が出るほどの副作用に見舞われてしまった場合は、医薬品副作用被害救済制度という保証制度が受けられます。
しかしこれは国内で承認されている医薬品のみに該当します。
そのため、もしスーパーカマグラを飲んで、身体に合っておらず健康被害がでるほどの副作用を感じたとしても救済制度は受けられません。
そういった点も理解したうえで、スーパーカマグラを購入するようにしましょう。

それでもなぜ人気なの?

スーパーカマグラを買っている人は、自己責任であることを承知したうえで購入しています。
海外通販初心者からすれば危険な香りがする通販になぜ頼るのでしょうか?
それは医療機関にかかるのすら恥ずかしい、人に相談するのはイヤだ、他の人と顔を合わせたくないといった気持があるからなのです。
また、これまで医療機関で処方をしてもらったけど「あまりにも処方価格が高い」という理由から海外通販へと切り替える人もいます。

SNSでもご購読できます。